news

日々のつぶやき

  • 自己紹介

    • 心のこと

      • 感じたこと

        気付けばセールスで号泣していた…。
        2022/11/01
        セールスをされながら、
        気付けば私は泣いていた。 

        悔しさと
        悲しさと
        虚しさと
        自分への怒りが
        涙となって
        溢れ出た💧 

        本気でやっていたつもり
        まじめにやってきたつもり
        真剣に向き合ってきたつもり
        …だったわけではない😑 

        20年前に、
        私が心に残った言葉を
        書き綴ったノートが3冊ある😶 

        ============ 

        いわゆる「理解のある親」というのは、
        このあたりのことを
        まったく誤解してしまっているのでは
        ないだろうか。 

        子どもたちの力が
        爆発するとき、
        その前に立ちはだかる壁になるのではなく、
        「子どもたちの爆発するのもよくわかる」
        などと言って、
        それをどこかで回避し、
        自分はうまく衝突を逃れようと
        しているのではないだろうか。 

        子どもは文字どおり
        暴走族になることもあるし、
        何らかの意味で社会的規範を
        破るようなことをしてしまう。 

        しかし、本当のところ、
        子どもたちは法律の壁なんかではなく、
        生きた人間にぶつかりたいのである。 

        厳密に言うなら、
        理解ある親が悪いのではなく、
        理解のあるふりをしている親が、
        子どもにとってはたまらない存在
        となるのである。 

        それは自分の生き方に自信がないことや、
        自分の道を歩んでゆく孤独に
        耐えられないことをごまかすためなのでは
        ないだろうか。 

        ============ 

        たしかに「衝突を逃れようと」
        する側面が自分にはある。

        それは小さい頃、
        私の感情的な姿だったり、
        母と妹の衝突だったり、
        友達からのいじめだったり、
        いろんな環境の中で
        立ち回ってきた産物かもしれない😏 

        しかし、その結果
        「中立」「中庸」
        を陣取る
        やり方を覚え、
        もちろん、
        それが功をなすことも多いのだけれど、
        自分の中でどこか冷めた目で
        見ているところがあって、
        一歩踏み込むのを恐れ、
        常日頃から
        一歩踏み込まれないように
        バリアを張っていることに
        自覚はある😞 

        その一線を越えるときは
        「怒り」としてしか表現できず、
        それ以上の表現が自分の中にはない😟 

        そして、
        良くも悪くも
        その「怒り」
        自分で消化し、
        穏やかに過ごすことを
        望んでいる私がいる😒 

        しかし、
        今ここに来て、
        それがどんどん裏目に出始めているような
        気もする🤨
        このノートをめくった先に、
        こんな言葉があった🙂 

        ============ 

        われわれがこの少年の心を
        すぐに判断したり、
        分析したりするのではなく、
        それがこれからどうなるのだろう、と
        未来の可能性の方に注目して
        会い続けることが
        一番大切なのである。 


        ============ 

        今朝、
        「成功の側面を見なさい」
        と言われた意味が、
        ようやく分かったような
        気がした😇
        気付けばセールスで号泣していた…。
        気付けばセールスで号泣していた…。