news

日々のつぶやき

  • 自己紹介

    • 心のこと

      • 感じたこと

        教育者になるべからず☆
        2021/10/20
        5回に分けて、

        「楽器店講師が陥りやすい5つのワナ」

        について書いておりますが、

        第3回目の今日は

        「教育者になるべからず☆」

        というお話をしてみたいと思います。 

        「楽器店講師」と書かれていますが、

        決して楽器店講師だけの話ではなく、

        人に何かを教えたり、

        何かをお伝えしたり、

        一緒にお仕事をしていく上で、

        大切だなぁ…と思う

        心構えを書いてみました。



        最後までお読みいただけると嬉しいです。 

        学校の先生はじめ、

        何かの先生になる人って、

        基本的に「教える」ことが好きですよね!



        何か教えることで、

        その人が上達して、

        何かを成し遂げられるようになったら、

        本当に嬉しいですものね。 

        その気持ちはよく分かった上で、

        もうひとつ大切なこと。



        それは「共感する」こと。



        相手ができないで苦労しているときに、

        それに寄り添ってあげる。



        こちらの意見や考えを一方的に伝えても、

        それは「押し付け」にしかなりません。 楽器を教えるときは、まさしくそうで、

        人によって体格も手の大きさも違うわけで、

        その人に合った奏法をしないと、

        体を壊したりしてしまいます。 

        そして、楽器店講師に関していうならば、

        今この時代において、

        楽器店講師の仕事は

        「楽器を教えること」ではありません





        生徒の声を聴く場所なのです。



        もちろん、楽器を習いに来ているわけですが、

        生徒さんコミュニケーションの場でもある。



        人には言えないことが言えたり、

        相談に乗ってもらったり、

        愚痴を言ったり、

        そんな非日常を作り出してくれる

        カウンセリング的な空間
        でもあるわけなのです。 

        そんなわけで、今日のテーマ

        「教育者になるべからず」の結論は

        「共感者であれ!」




        人の心に寄り添うことこそが、

        楽器店講師に求められていることなのです。



        しかし、同調しすぎはよくありませんので、

        あくまで耳を貸して、共感するだけで大丈夫!


        それ以上、踏み込んでしまうと、

        自分に負荷がかかってしまうので、

        ご注意を。 

        さて、5回に分けて、

        「楽器店講師が陥りやすい5つのワナ」を

        お届けしてきましたが、

        最終回は

        「生徒さん第一になるべからず☆」

        というお話をしてみたいと思います。 

        今回も最後までお読みくださり、

        ありがとうございました☆ 

        感想・質問等

        お気軽にお送りいただけると嬉しいです。




        それでは、また❀
        教育者になるべからず☆
        教育者になるべからず☆