news

日々のつぶやき

  • 自己紹介

    • 心のこと

      • 感じたこと

        従業員になるべからず☆
        2021/10/20
        5回に分けて、

        「楽器店講師が陥りやすい5つのワナ」

        について書いておりますが、

        第2回目の今日は

        「従業員になるべからず☆」

        というお話をしてみたいと思います。 

        「楽器店講師」と書かれていますが、

        決して楽器店講師だけの話ではなく、

        人に何かを教えたり、

        何かをお伝えしたり、

        一緒にお仕事をしていく上で、

        大切だなぁ…と思う

        心構えを書いてみました。



        最後までお読みいただけると嬉しいです。 

        「従業員」と聞くと、

        どんな関係性を思い浮かべるでしょう? 

        「会社の方針に従って、作業をする要員」

        というようにも読めますね。




        会社のが立場が上で、

        それに従っているような印象も受けます。

        何かに「従う」ことは、

        決して悪いことではありません。 

        ただし、1つの条件が必要です。 

        それは、

        会社とあなたが同じ立場であるということ」

        会社は従業員にお給料を払って働いてもらっている。 
        従業員はお給料をもらって仕事をさせてもらっている。

               

        このバランスが採れていれば、

        何も問題ないでしょう。 

        しかし、楽器店の場合、

        そのバランスが崩れていることが多いのです。



        楽器店にレッスン料と取り分が決められていたり、

        競合の会社との兼任は禁止されていたり、

        講師の意志が反映されないことが多いのです。 

        それが顕著に表れたのが、

        この「新型コロナウィルス」でした。



        緊急事態宣言の中で、

        どのようにレッスンをするのか?という

        問題が立ちはだかったとき、

        講師の安全を第一に考えた楽器店は、

        どれだけあったでしょうか?



        管楽器やヴォーカルのレッスンも、

        パーテーションなどを設けるだけで、

        ほとんど密室のレッスン室の中で、

        身の危険を感じながらレッスンをされていた

        先生方も多かったと思います。



        楽器店の教室は、

        窓もなく、

        換気が十分にできない部屋が

        結構あります。



        ほとんどカラオケルーム状態です。



        先生側がZoomレッスンを希望しても、

        それが実現しなかった先生も

        いらっしゃいました。 

        会社の言いなりになるための

        「従業員」ではありません。



        これは、結婚と全く同じ。



        亭主関白な会社は、

        あなたの幸せは考えてくれません。



        会社は「あなたのパートナー」


        お互いにとってどんな関係性が一番良いのか?



        それを共有できる会社だけが、

        あなたが幸せにお仕事ができる会社だと

        言えるのです。 

        音楽家にとって、

        理想のお仕事現場って

        なかなかありません。



        でも、仕方なく働くほど、

        音楽家の身分は低くないのです!



        「従業員だから仕方ない…」のではなく、

        自分で考え行動していくことこそが、

        今の音楽家にとって、

        一番必要なマインドセットだと私は強く思っています!! 

        さて、第3回目は、

        今日のお話を「お金」に焦点をあて、

        お話してみたいと思います!



        ズバリ「安売りするなかれ☆」です。 

        今日も最後までお読みいただき、

        ありがとうございました! 

        感想やご意見などありましたら、

        遠慮なく送っていただけると、

        大変嬉しく思います。




        それでは、また…☆
        従業員になるべからず☆
        従業員になるべからず☆